空き家の活用方法を一緒に考え、空き家でお困りの所有者さまをサポートする広島の一般社団法人です。
一般社団法人さくらブリッジ                                    広島市安佐南区緑井4丁目32-12コーポ辰本102
                  п@082-870-2023(かんくう建築デザイン内)
   Home | さくらブリッジとは | サポートの流れ | メンバー | お問い合わせ | 活動状況 |コラム
 さくらブリッジへようこそ

    空き家を売りたい・貸したい・解体したい・何かに活用したい

    でも

    家財道具が片付かなくて、、、

    解体費用は、、、?

    税金や法律は、、?

    などなど、どうすればいいかわからなくて次のステップに進めない、、、

    そういった
空き家の「どうしよう?」を一緒に考えましょう!

 
 新着情報

        2016年6月27日  理事長の黒田が取材を受け、中国新聞の教育欄に掲載されました。

        2016年3月30日  2016年4月9日、広島市まちづくり市民交流プラザにて、日ごろサポートさせていただいて
                    いる、小河内Oプロジェクトの地域おこし成果発表に、参加させていただきます。
                    詳しくは小河内地域おこし成果発表へ。

        2016年2月20日  中国新聞に高陽公民館でのセミナーの模様が掲載されています。

        2016年2月3日   広島市の「市民と市政」2月1日号に小河内田舎暮らし体験塾の活動が取材され、
                    理事長の黒田が載っています。

        2016年2月2日   空き家を少しでも解消するには地域の活性化から!という目的で昨年からサポート
                    している「小河内田舎暮らし体験塾」。来年度の募集が始まりました。
     
        2016年1月25日   第8回小河内田舎暮らし体験塾と空き家

        2016年1月22日   小河内で空き家の家財整理の打ち合わせをしてきました。

        2015年10月18日  安田女子大学の学生を招いて小河内小学校の利用方法について検討しました。

        2015年10月5日    第3回小河内田舎暮らし体験塾

        2015年10月4日   「中区の家」を、片付け、解体、敷地境界線確定、駐車場整備等、一連の作業が
                     始まりました。               

        2015年8月23日   第1回小河内田舎暮らし体験塾

        2015年7月17日   高陽公民館にて、「家じまい」についてお話させていただきました。

        2015年5月28日   さくらブリッジ理事の湯上 みどりさんが6月14日に中国新聞ビルにて
                     空き家 セミナーを開催いたします。 興味のある方は是非ご来場ください。

        2015年5月25日   さくらブリッジが協力サポートしている「小河内田舎暮らし体験塾」の塾生募集が始まり
                     ました。募集案内はこちらです。(募集期間:5月18日〜7月20日、開催期:2015年
                     8月〜2016年3月)

        2015年1月25日   安佐北区小河内にて第2回ワークショップを行いました。 

        2014年12月14日   安佐北区小河内にて第1回ワークショップを行いました。

        2014年10月15日   草津公民館にて、「家じまいについて考える」講演会を行いました。

        2014年8月7日    安佐北区小河内の空き家所有者様の家の調査に行ってきました。

        2014年8月4日    安佐北区三入りの一軒家のお客様、片付けと売却依頼を受け、調査に行ってきました。

        2014年6月23日   安佐北区狩留家町に空き家相談で行ってきました。

        2014年6月2日    一般社団法人さくらブリッジ設立いたしました。

        2014年6月1日    中国新聞に掲載されました。

    


 さくらブリッジ設立のきっかけ

   「一般社団法人さくらブリッジ」設立のきっかけはこんな話から、、、

    それは1年前の事。片付けカウンセル湯上から、

    「今、あるお宅の空き家になった親御さんの家の家財整理を

    しているんだけど、片付いた後の家、どうしたらいいのか相談を

    受けてるんよね。

    その人は地域の方に使ってもらいたい、という希望があるんだけど、

    どうしたらいいのか、、、。

    空き家の所有者は、代々の「こと」を預かっている人が多くて、

    親族のしがらみもあってね、片付けも一人では判断出来ないケースが

    多いんよね、、、。これまでも貸したいとか、

    綺麗にして住みたいとか、売りたい人もいらっしゃったんだけど、、、。

    メディアでも空き家の話がよく出るんだけど、でもそうするには、所有者のしがらみを解きながら

    まずは片付けて一歩前進してほしいよね、、、。」

    その時黒田は古い家のリフォーム中。

    「最近思うんですよ。この家は簡単に壊しちゃいけない、もうこんな材料はなかなか手に入らないし、

    今建てようと思うと、とんでもなくお金がかかる。そんな家を簡単に壊してしまうともったいないと思うんです。

    逆に壊したほうがいいと思う家が、空き家のまま放置してしまっている。

    それが何か気になるんです。活用していける家は活用する方法を考えて、

    解体した方がいい家は建て替えるとか。何かいいシステムはないですかねぇ。」

    湯上が向き合っている空き家所有者の悩みと、黒田のもったいない・危ないという会話。

    何気ない会話ですが、ここからさくらブリッジは始まりました。    


 さくらブリッジの特徴


    さくらブリッジの特徴は、空き家の所有者さまの想いを最優先に考えます。

    空き家に手を付けられない原因の一つとして家財道具や想い出の品を         


    どう整理していいかわからない、ことが多くあります。

    さくらブリッジでは、所有者さまが次のステップに進んでいただくため、

    「家財」「思い出の品」の整理からサポートさせていただきます。

    ◆ 家財道具の整理(思い出があって片付けられない)

    ◆ 空き家の維持管理(遠くてなかなか来れない)

    ◆ 調査  ⇒  リフォーム

    ◆ 賃貸・売買・解体など、次のステップ

HOMEさくらブリッジとは | サポートの流れ | プロジェクトメンバー | お問合せ 

活動状況 | コラム | 空き家でお困りの方へ | こんなお悩みありませんか? | リンク | 

空き家の活用方法などを一緒に考え、空き家でお困りの所有者さまをサポートする広島の一般社団法人です。

Copyright (c) 一般社団法人さくらブリッジ All Rights Reserved.