FAQ

さくらブリッジには、
主に、こんなご相談・ご依頼をいただいています。

 

■空き家を「売りたい」「貸したい」「土地を活用したいと思っていても」家財が片付かない


空き家を「売りたい」「貸したい」「解体して土地を活用したい」と思っていても、
家財の片付け方がわからなくて、次のステップに進めない。

家財には、遺品や思い出のモノが多くあり、自分では、どう処分していいのかわからない場合や
全部捨てると決めても、本当に捨ててしまってもいいのか、最後の決心が付かない。
また、本当に捨てるとしても、どう扱っていいかわからない・・・・。
などの理由で、全く進まないケースが多くあります。
さくらブリッジは、専門家が、空き家所有者様が納得できるよう支援いたします。

 

■空き家をなんとかしたいけど、何から始めていいかわからない


さくらブリッジには、法律や行政手続きの専門家います。
まず、何から着手すればいいのか、所有者様がどうしたいのか?をお聴きした上で
ご一緒に考えていきます。

 

■関係者と合意形成ができないのですが、不動産会社やハウスメーカーは、アドバイスしてくれない


空き家に手を付ける場合、相続や土地の境界など、様々な問題が発生する場合があります。
さくらブリッジでは、法律の専門家がいます。
目標に向けて、助言を行うことができます。

 

■空き家に仏壇が残っているんですが、どうしたいいの?


「実家に仏壇が残ったままなんですが、処分してもいいんでしょうか?」
といったご相談もございます。御処分に関しての流れもアドバイスさせてもらう事が出来ます。
また、親が大切にしていたので引き続き移動して使いたいといった場合でも
専門家の助言をもとに所有者様と一緒に考えます。

 

■空き家を解体して、土地を活用したい。


解体する場合も、様々なプロセスがあります。
近隣との境界の問題や相続登記が終わっていない場合の法律問題、
解体したあとの土地活用など、所有者様にとって最善の方法をご一緒に考えます。

 

■空き家の相続を放棄したいのですが・・・。


空き家を相続することになったのですが、今後のことを考えて、相続しないと決めたのですが、
どうすればいいですか?
という、ご相談があります。
相続放棄は、法律上、様々なプロセスが必要です。
専門家が別途、ご相談をお聞きします。

 

■地域で空き家を活用したい


地域で空き家を活用する場合、「どんな目的で活用するのか?」「どんな地域にしたいのか?」
「地域のどんな課題を解決したいのか?」「空き家を、どのように活用できるのか?」等々
地域の方々と、ご一緒に考えていきます。

■サポートの流れ

まず、お問合せください ⇒ お問合せ