空き家、どうしよう?をサポート

 

●空き家の家財道具の整理がつかなくて次のステップに進めない
●空き家になっているが、年に数回実家に帰るので整理したい
●年に数回帰るだけなので、維持管理が心配
●長年空き家になっていてどうすればいいかわからない
●防犯や衛生面で、ご近所に迷惑をかけていないか心配
●更地にすると固定資産税が心配
●解体費用が捻出できない
●建築基準法上の問題で建替えることができない
●将来、住む予定はあるが、現在違う地域に住んでいる
●登記の問題で行政の撤去指導が困難
●費用面で負担が大きくなりそう
●兄弟や親戚に気を使って言い出せない

 

 

さくらブリッジは、空き家をどうすればいいか分からず 次のステップに進めない家主様をサポートします。
空き家で特定の商品を展開するのではなく、 家主様が「どうしたいのか?」を基本に、解決策を ご一緒に考えていきます。
空き家になるには様々な理由があります。
さくらブリッジは、所有者の皆さまの個々に 違う悩みに寄り添い、様々な専門家や地域活動、行政とのつながりを 活かし、
所有者の皆さまの疑問や不安が改善されることを願います。
そして空き家の有効な利活用ができ、安心で安全な地域社会になるよう 活動をしています。